FF11 派手鯖赤ソロ日記ー計り知れない弱さですー

ソロ活動が大好きな、友達の少ないタルタルのプリケツ記録です。他鯖の方でも、ドシドシコメント下さいまし☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

赤ソロ好きは効率厨

いろいろな経験を積んでくると、負けない為に必要な立ち回りもわかってくるので、自然と勝率もアップし安定した戦いが出来るようになってくるもんです。勝ったり負けたりを繰り返しちゃうようでは、まだまだ修行不足!NMに勝つ!ってのは、赤ソロでは最も低い目標であって、その次の目標になるのがより確実に倒せるようになること。そして、確実に勝てる立ち回りを維持しつつ、いかに効率良く立ち回れるかってのが最終的な目標となるんじゃないかなぁと思います。

前にも書いたことですけど、赤ソロでは色々な事を1人でこなさなきゃいけないし、1度にいくつものことを同時にすることも出来ないので、出来るだけ無駄を省いて優先度の高い事をしていかなきゃいけない。どんだけ効率的に立ち回れるかってのが最も重要な事で、それを突き詰めていけば自然と安定した立ち回りが出来るようになり、倒すまでの時間も短くなっていくもんでもあります。人それぞれ赤ソロに対する考え方は違うかもしれませんけど、屑樽の最終的な目標となっているのが、このより確実に倒せる立ち回りをしつつ、より早く倒す!ってところにあります。

ただ、ここで言う早く倒す!というのは、タイムアタックとは違いますし、他の人と比べるもんでもありません。屑樽の視点で考えてみると、屑樽より弱体装備が揃っていない方なら、展開が厳しくなりやすく守りを重点に立ち回る必要が多くなってくると思うし、精霊の与ダメが低ければ同じ数撃っても削れる量が全然違ってくる。タルタルじゃない方なら、素のMPが少なくなるわけで、精霊そのものを撃てる回数も少なくなってしまうもんです。逆にモリなどを持っている人なら屑樽より精霊のダメを出しやすいだろうし、リフレ2を実現出来る人なら、屑樽よりコンバ1回あたり1発多く精霊を撃てるだけのMPを確保出来ると思われるので、屑樽より早く倒せるでしょう。倒すまでの時間というのは、最終的にはキャラ自体の強さが大きく影響してくるもんだし、戦闘の展開次第でも変わってくるもんなので、他の人と比べようがないもんなのです。そう、これは己との戦いなのであるw



NMごとに細かい立ち回りは違ってくるもんなので、効率の良い立ち回りってのは全てのNMで同じとは言えないものではあるんですけど、根本的な考え方ってのは同じだと思います。人それぞれ赤ソロに対する考え方も違うかもしれませんけど、効率良く早く倒すということを考えた場合、大前提として使えるMPは、なるべく攻撃に回すということが言えると思います。その為に、立ち回りで意識しておきたいところをまとめてみますっ!

・被弾を極力しない
当たり前の話ですけど、被弾をしないってのは効率良く立ち回る上では重要な要素の1つになります。

被弾をするってことは、ストンスキンなどの強化魔法をかけ直す必要が出てくるし、ストンスキンをブチ破られれば被ダメが発生して回復をする必要が出てくる上に、与TPが発生してしまうのでNMがTP技を使う頻度も上がってしまいます。強化や回復にMPを使う必要が出てきて、その分攻撃に回せるMPが少なくなり、その後の展開にも悪影響を及ぼしてくる可能性も出てくるもんです。

マラソンと接近戦で難易度が全く違ってくるもんですけど、どんなNMでも極力被弾をしないような立ち回りを心がけてやれば、戦闘時間にかなり違いが出てくるもんだと思うので、あまり意識してやってなかった人は、そこらへんを考えてやってみると良い方向にいくんじゃないかなぁと思います。

・出来るだけ多くのMPを確保するように立ち回る
何をするんでもMPが必要になる赤ソロでは、時間あたりにどれだけMPを使えるかってのが重要な要素になってくるもんです。攻撃に回すMPをどれだけ確保出来るかが、戦闘時間にも大きく影響してくるもんです。無駄なMPを消費しないってことも大事ですけど、それ以外にもMPを確保する方法があるので、実戦に入れていきたいところです。

1、コンバートはリキャ毎に使う
戦闘開始直後の1回目のコンバートは、なるべく早くしておきたいところ。とりあえず撃てるだけ精霊撃って、早めにコンバートしちゃいましょう。最初のコンバートのタイミング次第で、その後のコンバートを使用出来る間隔が決まってしまうもんです。コンバートは使えれば使えるほど有利になるのは間違いないので、1回目はなるべく早めに、2回目以降は、なるべくリキャ毎に使うにようすれば、時間あたりに使えるMPは自然と多くなるもんです。

2、リフレ装備を活用する
魔法のリフレシュも、なるべく途切れなく使用するってのはMPを確保する為には重要です。コンポージャーを利用すれば、かなりのMP削減になるので、効率を考えたら絶対にやっておきたいところ。

それと合わせて装備でのリフレというのも重要な要素の1つです。装備でのリフレというのは、3秒あたり1しか回復しないんですけども、付けっぱなしならコンバートのリキャ8分40秒(メリポ5段階の場合)の間に、173ものMPを確保することが出来ます。装備でリフレ2が実現出来る人なら346もの差がっ!戦闘をしてれば常時リフレ装備を利用するってのは難しいですけど、少なく見積もってもリフレ1あたりでブリザド3一発分くらいのMPの違いが出てくるもんです。戦闘時間が長くなればなるほど、その違いは顕著になっていき、それだけ時間あたりに使えるMPが多くなるので、有効的に使っていきたいところであります。

装備以外でも、サンクションやシギルのリフレも利用出来るところでは、積極的に活用していきたいところです。MPが多い状態では発動してくれないので、なるべく少ない状態を保って恩恵を受けられる状態を意識してやるってのも、良いと思います。

3、ヒーリングを活用する
接近戦では使えない方法ですけど、マラソンでは結構使えるのがヒーリングです。屑樽の場合、装備でのリフレが1しか出来ないもんで、隙あらばヒーリングしてやろうっていう感じで立ち回っております。バインドマラソンでやる場合、特別なNMでもない限りヒーリング用の装備をカバンに入れております。

マラソン中にヒーリングするってのは、慣れてないと怖いもんでもあります。スリプルで寝るようなNMなら安心してやれるんですけど、ほとんどの場合は、バインド中にヒーリングをするしかないので、多少のリスクを背負うことにはなるんですけど、どこまで座っててもダイジョーブなのかってのがわかってくると、意外とやれちゃうもんです。バインドの効果が長ければ、精霊1?2発分のMPを一気に確保することも出来ちゃうこともっ!やったことない方がいたら、試してみてもらいたいです。



こういったところを意識してやるだけで、戦闘時間もかなり短くなるんじゃないかなぁと思います。難易度の高いNMを倒す!ってのも赤ソロの上手い人と苦手な人を分ける指針になるとは思いますけど、本当に上手い人ってのは、MPの使い方や確保の仕方が上手い人だと思います。NMを倒すまでの時間というのは、他の人とは比べられないとは言いましたけど、自分より装備があまり揃ってない人より、明らかに戦闘時間が長いと感じる人は、こういう部分を突き詰めていくと良いんじゃないかなぁと思いますっ

・魔法の詠唱は早ければ早いほど良い
どんな魔法でも、詠唱開始は早ければ早いほど良いものです。詠唱開始が早ければ次の魔法を使用出来るタイミングというのも早くなるもんで、それだけ多くやれることも増えてくるもんです。リフレシュ・ストンスキン・精霊などの詠唱時間の長い魔法なんかを使用するのに、モタモタしていて次の行動が可能になる時間が延びてしまえば、被弾する可能性も高くなったりもします。

このへんはマクロの使い方にも影響してくるもんだと思いますけど、魔法を連続で使う場合の理想的な流れとしては、魔法の詠唱完了と同時にファストキャスト装備に変更→硬直が解けて行動可能になると同時に次の魔法の詠唱開始→魔法が発動する前にその魔法を最大限に活かせる装備への変更という流れだと思います。マクロの操作が多くなるので忙しくなってしまいますけど、こうすることによってファストキャストの恩恵を受けながら、魔法本来の性能を最大限に引き出すことが出来ちゃうわけです。屑樽の場合は、蝉以外ではなるべくこれでやるようにしております。

色々な人の赤ソロ動画のなんかを観てますけど、例えばストンスキンを使う時に、すでに硬直が解けて魔法を詠唱出来る状態になっているのに、先に吸収量を最大限にする装備に着替えてから魔法を詠唱したりする人もいるもんです。その時間がスゴクもったいないなぁって思います。シビアな戦いだと、そのへんの時間の遅れが原因で被弾してしまうってこともあるもんです。魔法を連続で使用する場合は、装備変更よりも硬直が解けるタイミングに魔法の詠唱開始をするようにしてみると、時間的な余裕が生まれると思うので、そこらへんも意識してやってみてもらいたいなぁと思います。

しかし、これを上手くやろうとすると、どうしてもマクロの操作スピードというのが重要になってくるもんです。FF11ってもんは、マクロをポチポチしていくだけなので、難しいもんではないんですけど、唯一プレイヤースキルというか操作する上で差が出てくるのがマクロ操作だと思います。

マクロを操作する上で最も効率が良いというか、素早く操作出来るのがキーボード操作になるわけですけども、屑樽はコントローラーに慣れちゃってダメダメなので、これでやるしかありません(爆)なので、赤ソロの動画で参考にさせてもらったのも、コントローラーで操作してる神赤の動画でした。マクロを移動する時に長押しで一気に押したいマクロに移動するとか、そこらへんが出来てる人って著名な赤ソロさんでもホントいないもんです。もちろん、素早く移動出来るのだけが重要ってわけじゃなくて、なるべくマクロの移動を少なくする配置にするってことも大事なことなんですけども。

重要なのは早いだけじゃなくて、ベストなタイミングで押せるかどうかなので、ものすっごく早くマクロを操作出来なくても問題があるわけじゃありません。でも、やっぱり早く動かせる方が上手く見えますよね。屑樽も去年あたりから、そこらへんを意識してやるようにしてますっ



赤ソロってあんまりやってる人いないと思いますけど、突き詰めていけば色々あるもんで、なかなか楽しいもんです。最近は新しい挑戦なんかもしなくなっちゃって金策でやってるだけになっちゃってますけど、ただ金策と考えてやるのもつまらないので、どうやったらもっと効率良く倒せるかなぁとか考えながらやっています。そうやっていくと、自然と上手くなってくるもんじゃないかなぁと思いますっ

ポチッと応援お願いしますっ!
人気ブログランキング


スポンサーサイト

テーマ:FINALFANTASY XI - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2010/02/21(日) 13:58:43|
  2. FF11 HOW TO 赤ソロ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

ありがとうっ!

出会いがあれば別れもあるもの。

先日フレのP樽氏がヴァナとお別れをしました。こういうのって3年も続けてれば珍しいことではないと思うし、いつかはお別れの時がやってくるっていうのは頭ではわかってることなんですけど、どうしてか・・・何とも言えないような感情が否応なくこみ上げてくる。

4751.jpg

お世話になったフレや親しくさせてもらったフレがいなくなっちゃうなんてことは、今までも何度か経験はしてるんですけど、今回みたいに直接本人から引退する!って言われたのは初めてのことで、自分でもよくわからない変な気持ちになってる。何も言わずにいなくなってしまったフレの引退?とは、ちょっと違った悲しさが溢れ出てきています。でも、驚きよりもついにこの日が来ちゃったかっていう気持ちのが強かったかも。前々からそろそろみたいなこと言ってたし、最近インする時間も減ってましたし・・・

屑樽は、自分から積極的にフレを作ろうってタイプでもないし、ソロ活動が多くて人と接する機会も少ないので、他の人と比べたらフレはかなり少ない方だと思う。みんな屑樽にとっては大切なフレなんですけど、その中でもP樽氏は、他のフレとは違うチョット特殊なタイプのフレでした。

いろいろなコンテンツに精通していて人脈もあり、屑樽の知らなかったヴァナを体験させてくれた特別な存在でもあったし、赤ソロでも朱雀を撃破しちゃうほどの実力もあり、一緒に何かをやるんでも信頼して一緒に戦える唯一の存在だったと言えるかもしれません。2人で何かをやるんでも、おおまかな戦い方だけ打ち合わせしとけば、お互い何をして欲しいとか、このタイミングでこれして欲しいとか、いちいち言い合わなくても、その場の状況を判断して動ける、そういう人と一緒にやれるってのは、ものすごく気持ちいいし楽しい。

NMとの戦闘中、ピンチになりつつも生き残ったりしたら、「おしいw」とかフザけたことを言いやがりますがw プリケツしないようにちゃんとタゲを取り返してフォローしてる。そんな雰囲気がスゴク好きだったし、純粋に楽しかった。そういう雰囲気を味わえなくなるのかなぁって思うと、やっぱり何だか寂しいなぁ。

長くやり続けてると、ただ強さを求め、少しでも優秀な装備を手に入れようという気持ちが強くなり、フレとの絆みたいなもんをいつの間にか忘れてしまう。そんな物欲まみれのヴァナの中でも、あ?この人ホントに楽しみながらやってるんだろなぁって思えたし、自分もそうなりたいなぁって思えたもんです。そういう意味では、ものすごく影響を受けた人かもしれません。

個人的には、引退しちゃうってのは残念なことだけど、本人は引退の挨拶まわりさえ楽しんでるようで、エクレア以外の装備をみんなに配りながら、あちこち飛び回ってるようでした。潔いというか清清しいというか、思い残しなくバッサリとやめられるところまで楽しんでの引退なんだろなぁって思いました。

屑樽もそのうち引退しようと決断する時が来ると思う。これだけ長くやり続けてこれたゲームだからこそ、もうやることねぇwってところまで、トコトン楽しんで納得した上で引退したいなぁって思いました。引退というか卒業って感じかな?w

最後に何か特別なことでも一緒にやれたらなぁって思ったんですけど、話の流れで青龍をやることにっ!最後に一緒にやるNMとしては、ちょっとモノ足りなかったかもしんないw

4752.jpg

いつもくだらないバカ話ばっかりしてたもんで、面と向かって今までのお礼を言うなんて無理っ!って思ってたんですけど、何故か素直に「今までありがとうねw」って言えた自分にビックリしました。でも、今も楽しみながらFFを続けていられるのは、少なからずP樽氏の影響は受けてると思う。ヴァナではもう一緒に遊ぶなんてことは出来ないと思うけど、いつかどこかで、別のゲームでも(14か?w)また一緒に遊べたらいいな。本当におつかれさまでしたっ!

ポチッと応援お願いしますっ!
人気ブログランキング


テーマ:FINALFANTASY XI - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2010/02/02(火) 22:53:46|
  2. FF11 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

プロフィール

屑樽

Author:屑樽
FFXIV PROF

人気ブログランキング

ポチポチ応援よろしくデスッ!

人気ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。